活動報告 「温暖化防止出石」 出前活動

温暖化防止出石 出前授業の様子<2014.2.20.弘道小学校5年生クラスにて>

豊岡市出石町
 2002年度より、出石町内5つの小学校の5年生クラスを中心に、出前授業を行っている。現在のメンバーは6名。子どもたちが飽きず興味をもってくれるよう、劇ありクイズあり紙芝居ありのバラエティーショー風のカリキュラムで、90分授業を実施している。授業の流れは、
<1> 地球温暖化とは
・温暖化のイントロ
・温暖化の影響
・温暖化のメカニズム・原因・対策   
・温度変化のシミュレーション提示
<2> 寸劇 『わが家の省エネ』             
<3>班対抗・ゴミ分別ゲーム 
<4> エコチェックシート検討、わが家の改善目標設定
<5> 5R 説明 
<6> オリジナル紙芝居 『コウちゃんの おかいもの』
 子どもたちが家の人に報告したり、家の人のコメントをもらってくる宿題を出すことで、啓発効果を広げようと試みている。
 小学校以外に、地域の大人のグループや子育てセンター、福祉作業所などに招かれる場合もあり、対象に応じて工夫を加えて出前をしている。

最初に、温暖化の影響で、世界でどんなことが起こっているか、パワポ映像で説明

なぜ地球が温暖化しているのか、そのメカニズムを平易な言葉で説明。

この後、何からCO2が出ているか、プラカードでの説明を経て・・・

CO2排出を減らすため、生活の中でできることを劇 『うちげはエコライフ』 で提示。

劇の合間に、何度か‘質問おばさん’が登場し、クイズや生活の質問も。

劇の後は、ゴミ分別クイズ、休憩を経てエコチェックの講評

エコライフのための 5R のすすめ。

授業の最後に、昨年度作ったオリジナル紙芝居 『コウちゃんのおかいもの』を上演。