活動報告 「いなみエコチャレンジ」

第13回稲美町温暖化セミナー <2015.1月開催>

稲美町

2006年度より、「いなみエコチャレンジ」では住民の皆さんに日頃の身近な生活の中で省エネルギー生活、CO2削減を実践してもらおうと、稲美町において温暖化防止セミナーを継続して開催しています。
活動自体は小規模なものですが、地域でのこうした地道な啓発活動が少しずつでも環境意識の芽生えにつながっていくことを願っています。

これまでに以下のようなセミナーを開催、幅広い層から参加がありました。
第1回 「これだけ捨てられている!稲美町のごみの現状を知ろう」
 2回 「環境にやさしいエコクッキングにチャレンジ!」
 3回 「生ごみを特製の堆肥に!各種コンポスト体験会」
 4回 「キミにもできるよ!風力発電」
 5回 「リサイクルのその先を見に行こう」
 6回 「地産地消を考えよう―フードマイレージとは―」
 7回 「始めよう!省エネライフで地球にやさしい暮らし方」
 8回 「緑のカーテンからの贈り物―ゴーヤを使ったエコクッキング」
 9回 「親子 de クリスマスエコクッキング!」
 10回「自然エネルギー“揚水式水力発電所”を見に行こう」
 11回「家電リサイクルの現場を見に行こう」
 12回「話題の自然エネルギー発電施設見学ツアー」

第13回稲美町温暖化セミナー(2015.1月開催)では、「廃食油でエコキャンドルを作ろう!」と題して、そのまま排水溝に流すと環境に大きな負荷がかかる廃食油を再利用するエコキャンドル作りを開催しました。
キャンドルが完成した後は、キャンドルの火を灯してティータイム。
和気あいあいの中で、参加者に廃食油の処理について問いかけたり、冬のエコな暮らし方のアイデアを出し合うとともに、エネルギーをなるべく抑えた暖房器具の使い方などをアドバイスしました。

最初に廃食油からカラフルなキャンドルができるまでを説明

廃食油を所定の温度まで上げ、撹拌しながら凝固剤、色素、香料を投入

慎重にガラス瓶に流し込みます

出来上がったエコキャンドルを前に、
地元の食材を使った和菓子とともにティータイム。
参加者からもエコなアイデアが次々と出されました。